5章 Throwingのソースコード

2011/09/26 0:28 に Tuyano SYODA が投稿
Ballクラスのflyingメソッドの呼び出しにPointインスタンスを渡していますが、呼び出し元とflying内の処理をよく見ると、Pointのxとyの値が逆になっていることに気づいたかも知れません。Pointのxの値にy値を、yの値にx値を設定して呼び出し、受け取った側でまたxの値をyに、yの値をxに渡して計算をしています。

要するに、受け渡すPointの中だけ、xとyが逆になっているのです。(受け渡す側と受け取る側でそれぞれ反対に値を設定していますので、プログラム的にはまったく問題はありません)

どうやら、当初プログラムを作成する際、「横向きだから」と縦軸と横軸の値を逆に取るようにして仮に作っておいたものを、(実際には座標軸は自動的に正しい形に設定されるので、受け取り側でまた逆に取り出すようにしてとりあえず動かしておいて)もとに戻し忘れたようです。

プログラムとしては問題ないので別にそのままでいいのですが、気になる方は、Pointへの値の設定と受け取りを正しい形に戻すよう修正してみてください。

Comments