Eclipse 3.7ではじめるJavaプログラミング入門 Eclipse 3.7 Indigo対応

このページは、「Eclipse 3.7ではじめるJavaプログラミング入門 Eclipse 3.7 Indigo対応」(秀和システム)の補足情報のページです。

P.546 リスト8.17

2012/07/29 4:57 に Tuyano SYODA が投稿   [ 2012/07/29 4:58 に更新しました ]

onCreateメソッドの3行目で、setContentViewでリソースを指定して画面に表示していますが、この引数が「R.layoutmylist」になっています。が、これはデフォルトのビューですので、いつも通りの「R.layout.main」になります。

誤)setContentView(R.layout.mylist);
正)setContentView(R.layout.main);

リスト3.19以降とサンプルプロジェクト

2012/01/15 17:02 に Tuyano SYODA が投稿

CD-ROMに収録されているサンプルプロジェクトですが、3-19から番号が1ずつずれてしまっているようです。収録されている3-20が、書籍の3-19となり、以後、1ずつずれているようです。ご利用の際にはこの点に注意ください。

P.465 リスト7.3 (deleteuser.jsp)

2011/10/17 4:26 に Tuyano SYODA が投稿

リスト名がJSPのファイル名になっていますが、これはサーブレットのリストでファイル名が違っています。正しいファイル名は「DelUser.java」となります。

※誤字・誤植関係

2011/10/17 4:24 に Tuyano SYODA が投稿

P.359 リスト5.9 ページ上から四行目

msg = "<h2>あなたがお使いのOS:</h2><p>" + res + "<p>"――以上。";

この文のresの後にある"<p>"は、閉じタグの"</p>"が正しい形になります。

P481 リスト7.13

2011/10/17 4:20 に Tuyano SYODA が投稿

ファイル名に「DelItem.java」とありますが、リストにはJSPファイルが表示されてしまっています。このリストだけ、サーブレットではなくJSPの古いコードがそのまま掲載されてしまったようです。正しいリストは以下になります。

package jp.tuyano.eclipsebook;

import java.io.IOException;
import java.sql.*;

import javax.servlet.ServletException;
import javax.servlet.annotation.WebServlet;
import javax.servlet.http.*;

@WebServlet("/DelItem")
public class DelItem extends HttpServlet {
       private static final long serialVersionUID = 1L;

       public DelItem() {
               super();
       }

       protected void doGet(HttpServletRequest request,
                       HttpServletResponse response)
                       throws ServletException, IOException {
       }

       protected void doPost(HttpServletRequest request,
                       HttpServletResponse response)
                       throws ServletException, IOException {
               request.setCharacterEncoding("UTF-8");
               String id = request.getParameter("id");
               try {
                       Class.forName("com.mysql.jdbc.Driver");
                       Connection users = DriverManager.getConnection(
                                       "jdbc:mysql://localhost/MyServlet_DB?characterEncoding=UTF8",
                                       "root", "tuyano");
                       Statement state = users.createStatement();
                       int res = state.executeUpdate("delete from Stocks where id=" + id);
                       state.close();
                       users.close();
               } catch (ClassNotFoundException e) {
                       e.printStackTrace();
               } catch (SQLException e) {
                       e.printStackTrace();
               }
               response.sendRedirect("stockmanage.jsp");
       }

}

なお、CD-ROMに収録されているサンプルプロジェクトでは、正しいDelItem.javaが収録されています。ファイルを必要とされる方は、CD-ROMから取り出してください。

P.275 リスト4.15

2011/09/15 21:48 に Tuyano SYODA が投稿   [ 2011/09/15 21:53 に更新しました ]

掲載されたリストが、改定される前のAWTをベースにして書かれたコードが残った状態になっていました。現在、この章はSwingベースに改訂してあるため、このままでは表示などの一部の動作が正しく働きません。loadメソッドを以下のように修正ください。


public void load() {
FileInputStream is = null;
BufferedInputStream bis = null;
XMLDecoder xml = null;
try {
is = new FileInputStream("sample.xml");
bis = new BufferedInputStream(is);
xml = new XMLDecoder(bis);
JTextArea newTA = (JTextArea) xml.readObject();
this.remove(this.getContentPane().getComponent(0)); // ★
ta = null;
ta = newTA;
this.add(new JScrollPane(ta), BorderLayout.CENTER); // ★
this.validate(); // ★
} catch (Exception ex) {
ex.printStackTrace();
} finally {
try {
xml.close();
} catch (Exception ex2) {
ex2.printStackTrace();
}
}

}

上記リストのうち、★マークの3行が修正された部分になります。またリストが変更された関係で、P.277の「もとのオブジェクトの消去と新たなオブジェクトの再組み込み」の引用部分は、

this.remove(this.getContentPane().getComponent(0));
ta = null;
ta = newTA;
this.add(new JScrollPane(ta), BorderLayout.CENTER);
this.validate();

このようになります。以上、修正箇所を読み替えてお読みください。

1-6 of 6