libro
www.tuyano.com
初心者のためのDjango入門

管理ツールを利用しよう (1/5)

作成:2017-12-30 09:20
更新:2017-12-30 09:33

■管理ツールにモデルを登録する

前回の作業で、データベースにモデルのテーブルなどが生成され、いつでもDjangoから利用できる状態となりました。が、データベースを管理するソフトなどがないと、実際にデータベースがどうなっているのか確認のしようがありませんね。

実は、Djangoにはデータベースの管理ツールも組み込まれているのです。これを利用することで、Webブラウザでデータベースの管理が行なえます。

管理ツールを利用するためには、まず設定ファイルにモデルの登録処理を記述しておかなければいけません。「hello」フォルダ内に、admin.pyというファイルがあります。これが、管理ツールに関する設定などを登録しておくファイルです。

このファイルを開き、下のリスト欄のようにスクリプトを記述して下さい。これで、前回作成したPersonモデルが管理ツールで使えるようになります。

ここでは、以下のようにメソッドを呼び出しています。
admin.site.register(Person)

このregisterメソッドが、、管理ツールにPersonモデルクラスを登録するためのもの。これで、Djangoの管理ツールにPersonが追加され、編集できるようになります。これを忘れると、管理ツールにPersonが表示されず、編集が行なえません。

※プログラムリストが表示されない場合

AddBlockなどの広告ブロックツールがONになっていると、プログラムリスト等が表示されない場合があります。これらのツールをOFFにしてみてください。

●プログラム・リスト●

from django.contrib import admin
from .models import Person

admin.site.register(Person)
※関連コンテンツ

「初心者のためのDjango入門」に戻る